フランチャイズの塾経営、失敗する人とは?

フランチャイズの塾経営、失敗する人とは?

フランチャイズの塾経営では成功する人と失敗する人が大きく分かれます。私も過去に失敗したことがある側の人間なので分かります。まずは、「失敗する人」の特徴をまとめてみましたので見ていきましょう。

失敗する人の特徴「3つの特徴」

自己管理能力

何事も、成功する方法というのは無数にあるものです。様々な新しい手法が生まれては消えていくビジネスの世界では、常に成功のための方法を探っていく努力が必要です。ただし、失敗する方法は不思議と何パターンかに絞ることができます。フランチャイズの塾経営で失敗する人の特徴は、3つのパターンがあります。

1.自己管理能力が低い人

フランチャイズに加盟する人の中には脱サラ組も多く、たとえば前職では会社や上司の管理下で仕事をしていたものの、自分で独立するとなると自分で自分を管理しなければならなくなるため、その結果失敗するパターンが多いそうです。

一般的には、自力で起業するよりも成功率は高いと言われているフランチャイズですが、だからといってサラリーマンよりラクだとか、起業するよりラクに稼げるという話ではありません。サラリーマン時代に、人に言われたことだけやっていた人には向かないでしょう。本部に言われたことだけ、マニュアル通りにやっただけではうまくいきません。制約のある中でも、自分なりにアイデアを出して、改善していく姿勢が常に求められます。

2.コスト削減に固執する人

経営において、コスト削減は非常に重要な観点ですが、必要なところまでコストを削ることはリスクになります。

たとえば宣伝費。

傾向として、宣伝費を惜しむ塾長の場合はうまくいっていないことが多いそうです。投資と考えて思いっきりコストをかけるところ、経費削減しても問題ない所を緩急つけて運営できなければ、長く続けることが難しいでしょう。時には思い切ってリスクを取らなければ、リターンもないということを念頭におきましょう。

3.自分で物事を考えない人

フランチャイズといえども、塾経営をするのは自分自身です。フランチャイズの塾経営はノウハウやサポートが得られるため誤解してしまいがちですが、あくまで本部とは「共同事業」を行うビジネスパートナーの関係です。

塾の経営についての責任は自分自身にあるため、「どのような塾にしていくか」などの具体的な方針など経営に関わる部分を含め、自分で考えていかなければならないことがたくさんあります。

特に、本部の出した予測や分析は、全てを鵜呑みにして乗っかるだけでは準備不十分だと思います。そういう人は、失敗した時に必ず他人や外部環境のせいにするでしょう。

是非、自分の手で、出店する地域の特性や交通量、商圏、競合などを出来る限り、様々な確度から調べてください。自分の導き出したデータや考えと、本部の考え方が合致した時、初めて本当に納得のいく経営を始めることができると考えます。

フランチャイズ塾経営、成功するには?

フランチャイズ塾経営、成功するには?

では、フランチャイズで塾経営を成功させるためにはどのようなことを意識していけばよいのでしょうか?私が実際に塾経営をして感じた「成功する人」のポイント3つをお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね!

1.常に謙虚な気持ちを忘れない人

経営者になったからと言って、おごり高ぶっているような人には、周りの人はついてきませんし、新たな人脈に恵まれることもありません。さらに、自分の能力の低いところを補う努力だって、謙虚でなければすることができませんから、経営の能力もそれ以上伸びることはないでしょう。

若い経営者であれば、ある程度はじめのころはトゲトゲしていてもいいでしょう。初めから無理に謙虚にして、委縮してしまっているのも考え物ですし、若ければ注意してくれる人が周りにいるはずです。ですが、誰からも注意されなくなる年齢になったときには、人格者として認められるだけの、品のあるふるまいや、謙虚さを身に着けておかなければいけません。

2.変化に対応できる人

「最後に生き残るのは強い者ではなく、変化に対応できる者だ」というダーウィンの言葉にもあるように、目まぐるしく変わっていく社会の意識や競合の優位性などの変化に、柔軟に対応できることが、経営を成功させるためには必要です。

過去の成功体験だけにとらわれて、変化を楽しめない人は、経営に向かないといえるでしょう。会社として、現状維持では成長しているとは言いません。現状をどう打破して成長率を上げていくのかが、課題です。経営者のマインドとして、今の状況に満足することなく、どんどんチャレンジして変わっていくことが必要です。

3.基本を身に着けている人

フランチャイズという経営の手段を選んだのであれは、その良さを存分に享受して、塾を成長させていきましょう。つまり、ノウハウは本部からしっかり吸収しましょうということです。

経営に自信のある人に多い間違いですが、本部の話をろくに聞かず、独自の経営を行っていて失敗するという場合があります。本部は、長年積み上げてきた実績から、成功のために必要なヒントをたくさん与えてくれます。まずは、与えられた必要なことを、しっかりと真面目にこなして、それを応用できるように力をつけていきましょう。

本サイトでは、他にも塾経営に必要なことや、今ホットなフランチャイズ本部を紹介しています。詳しくは⇩こちらを御覧ください。

このページを見ている方が検討しているフランチャイズ塾はこちら