フランチャイズの「ロイヤリティ」とは?

フランチャイズの「ロイヤリティ」とは?

フランチャイズ経営とセットでイメージされることの多い「ロイヤリティ」という言葉。フランチャイズで塾経営を目指す人にとっても、しっかり理解しておきたい項目のひとつです。ここでは、「ロイヤリティ」について具体的にご紹介していきます。

「ロイヤリティ」の定義

「ロイヤリティ」の定義

フランチャイズ経営においては、共同事業を行うビジネスパートナーとして本部(フランチャイザー)と加盟店(フランチャイジー)が存在します。

加盟店は本部から商標やチェーン名称、商品、経営ノウハウ、技術サポート等のパッケージを得て事業の経営を行います。それらの使用料として毎月本部に支払う金額が「ロイヤリティ」と呼ばれるものです。

本来であれば、経営者自らが考え出さなければならない経営ノウハウや商品などを利用して事業を行えるのですから、その対価として「ロイヤリティ」を支払うのは理にかなっていることといえます。ですが、やはり気になるのは「ロイヤリティ」の金額です。

「ロイヤリティ以上の利益が確保できるのか不安」
「売上がなくてもロイヤリティだけをとられて経営が圧迫してしまうのでは?」

ロイヤリティに関してはこのような心配をする人も多いと思います。次の項目では、具体的なロイヤリティの種類をご紹介します。フランチャイズ経営をする際の参考にしてみてくださいね。

「ロイヤリティ」の種類

定額方式

定額方式とは、店舗等の売上に関係なく毎月支払う金額が決まっている方式のことです。

毎月ロイヤリティの金額が一定に決まっていることで、経営上の計画も立てやすく、売上が上がっても余計にロイヤリティを支払うことがないため、利益が出やすい方式ともいえます。売上を上げられれば、利益も大きくなるため高いモチベーションで事業計画が立てられそうですね。

売上歩合方式

売上歩合方式とは、売上の数パーセントをロイヤリティとして支払う方式のことです。

多くの業種で採用されている方式で、パーセンテージはそれぞれの業種やフランチャイズ契約によって異なります。数店舗経営するごとにロイヤリティのパーセンテージが下がるタイプを採用している会社もあります。

粗利(利益)分配方式

粗利(利益)分配方式とは、売上総利益に対してロイヤリティを支払う方式のことです。

主にコンビニエンスストアで採用されている方式で、営業によって得られた利益を本部と加盟店で分け合うシステムとなっています。本部に渡ったロイヤリティで新商品の開発や広告宣伝などが行われ、それによって加盟店の売上が上がるような関係となっているため、他の業種ではあまり見られない方式です。

フランチャイズで塾経営をする際にも気になるのが「ロイヤリティ」ですよね。ただ、対価としてロイヤリティを支払うだけの十分なサポートを受けられるのであれば納得できると思います。「s-Live」では生徒集客や運営支援などの手厚いサポートのほか、1校塾を軌道にのせた後に2校、3校と増やした場合、ロイヤリティが1教室目=10%、2教室目以降=8%、5教室目以降=7%と下がるようなシステムを取り入れています。

本気でフランチャイズ塾の経営を頑張りたい!と考えている人は、ぜひ全体のサポート体制やロイヤリティなど資金面のシステムもしっかり検討材料に入れて考えてみてくださいね。