フランチャイズ塾経営の魅力とは

フランチャイズ塾経営の魅力とは

塾をフランチャイズで経営する魅力とはなんでしょうか。塾という仕事に携わることで得られることや、フランチャイズ塾経営を通して感じられることなどをまとめました。

売上が収入に直結する

売上が収入に直結する

なんといっても、自分で教室を持ってそれを経営するとなると、その売上が自分の稼ぎに直結する点は塾経営の魅力でしょう。会社に属すると自分の仕事によって利益が生まれても、それが自分の収入に直結しないこともありますよね。

また、塾の場合は特に飲食やコンビニなどと比べると初期投資が比較的抑えられ、在庫を持つことも無く、さらに粗利率も高いビジネスの一つですので、リスクを抑えつつ高い収益を得られる可能性が高いです。

生徒の喜ぶ顔が間近で見れる

生徒の喜ぶ顔が間近で見れる

現在は少子高齢化に伴い、子供一人あたりにかけられるお金が増えている傾向があります。そのため、子供の数自体は減少傾向にあるものの、通塾率に関しては増加傾向にあります。

つまり、しっかりと経営に取り組み集客に成功すれば、より多くの生徒と向き合うことが十分に可能ということです。

私は塾経営の魅力のひとつに、子供と直接向き合いながら彼らが成長する瞬間に立ち会うことができる点が挙げられると思います。私自身子供がいるので、自分の子供が成長していくところを見ることで喜びを感じますし、それは自分の持つ教室に通う生徒に関しても同じです。

できなかったことができたようになったり、分からなかったことが分かるようになった瞬間の生徒の笑顔は何度みても嬉しくなるものです。

経営者として少し現実的な話をすると、子供が成長すればその親も喜んでくれ、より長く塾に通わせてくれるようにもなります。

オーナーにとっては子供の成長を肌で感じられることと収益が得られること、子供にとっては成長できること、その親にとっては子供が成長してくれることがそれぞれ良いサイクルとなって笑顔が増えていくところも塾経営の魅力です。

社会貢献が出来る

社会貢献が出来る

これからの将来を担うのは現在の子供たちです。塾は、そんな子供たちの成長を支える仕事なんです。自分が面倒をみて成長を支えた子供が将来どこかで活躍した時のことを想像してみてください。

自分の生徒が「どこどこの塾の、だれだれという先生に言われた一言で、人生が変わった」なんてどこかで言ってくれたら、心の底から「塾をやってて良かった」と思えるはずです。

また、この地域社会に貢献したいという気持ちや熱意は、不思議と保護者や生徒たちに伝わります。お金儲けや、ビジネスの成功だけを目指して、子供たちの成長による地域への貢献を考えない経営は、不思議と見破られます。

コスト意識や経営に対する意識が強いほど、授業時間外でのフォローや、生徒からの相談をなおざりにしてしまいがちですが、保護者や生徒の立場からすると、そういった料金の発生していない時間こそが、なによりも大切で、ありがたかったりするものです。

子供や保護者からの信頼を得てこその塾経営ですから、目先の儲け主義に走るのではなく、社会貢献や子供の成長を素直に喜べる運営をして、コストとのバランスを上手にとることが、成功への近道といえるのではないでしょうか。