人材管理もフランチャイズ塾オーナーの重要な仕事

人材管理もフランチャイズ塾オーナーの重要な仕事

フランチャイズの塾ではバイトを雇うこともあると思いますが、そのほかにもオーナーは様々な業務を行うことになります。そこで、オーナーのランチャイズ管理業務に関して簡単にまとめてみました。

スタッフ採用のポイントと塾に必要なスタッフ数

スタッフ採用のポイントと塾に必要なスタッフ数

個別指導や集団指導などの直接指導の塾の場合は、生徒の数に応じて先生の数も不足しないように、多く集める必要があります。また、時間割などを作成して、予め担当の先生を決めておかなければならないため、急な欠勤にも対応できるように余裕を持ってスタッフの人数を確保しておきましょう。

先生として雇う場合には、採用の際にはその求職者の経歴や学歴、人柄を見ます。高学歴であれば良い先生かというと必ずしもそうとは限りませんが、できれば名の知れた学校に在籍または卒業している人材の方が知識や理解度が高いので生徒の質問にも的確に回答してくれる可能性が高いです。

また、経歴や学歴だけでなく人柄を見なければならない理由としては、先生は生徒と直接接する機会がある仕事だからです。生徒に悪い影響を与えてしまうような先生の場合、それが親に伝わると塾自体の評判が下がってしまうので注意しましょう。

先生として雇うのではなく、事務の仕事をメインに雇う場合でも、生徒と接する機会はゼロではないので、どのような人柄なのかをよく見ておきましょう。

必要なスタッフ数に関してですが、こちらは直接指導の場合は、ゆとりを持ってスタッフを集める必要がありますが、映像授業が中心の塾の場合は、人員もそれほど必要としません。場合によっては、オーナー1人だけで運営できてしまうこともあります。

そのため、人件費をあまりかけたくないということであれば、映像授業が中心の塾へのフランチャイズ加盟を検討しましょう。

立地と人材確保

立地と人材確保

スタッフ確保のためには教室の立地も意外とポイントになってきます。求職者は、できれば駅から遠く離れた場所よりも、やはり駅から近い場所で働きたいものです。
そのため駅から近い立地であればよりスタッフを獲得しやすくなります。

ただし、映像授業などで指導者数をそもそもそれほど必要としない塾であれば、立地をそこまで考慮しなくてもそれほど問題はありません。駅から多少離れたエリアでの出店も狙っていけるでしょう。

スタッフのモチベーションを維持するために

スタッフのモチベーションを維持するのも、オーナーの仕事です。せっかく採用したにも関わらず、すぐに辞められてしまっては、採用までにかかったコストだけでなく、新たにスタッフを採用しなければならなくなるので、追加でコストが発生します。

そのためには、スタッフのモチベーションを維持できるよう働きかける必要があります。

スタッフも人間ですので、一人ひとりどのように接すればモチベーションが上がるのかというのは違いますが、基本的にはオーナーからの一方通行のコミュニケーションは避けた方がいいでしょう。スタッフが何かにつまづいていれば、どうしてつまづいているのか相談に乗ってあげたり、スタッフが成果を出したら褒めてあげたりという心のケアとサポートは大切です。