独立開業を目指せる資格とは?

独立開業を目指せる資格とは?

「手に職をつけて独立開業したい!」と考えている人へ、おすすめの資格を紹介していきます。資格には大きく分けて3つの種類があり、その内容によって取得後の独立開業のしやすさが異なります。まずは、資格の種類からみていきましょう。

「資格の種類」国家資格・公的資格・民間資格の違いとは?

「資格の種類」国家資格・公的資格・民間資格の違いとは?

一言で「資格」といっても、その信用度やどのくらい使えるのかといった内容はさまざまです。ここではまず、資格の種類についてお伝えしていきます。

日本にある資格は、大きく次の3つに分けることができます。

国家資格

国家資格とは、国の法律で規定されている資格で、「知識や技術が一定の水準以上であること」を国が認定している資格のことをいいます。国家資格には、その資格を持っている人だけができる「業務独占資格」やその資格を持っている人だけが名乗ることができる「名称独占資格」があります。

認定元が国ということもあり、資格取得の難易度は高いですが、社会的な信頼性も高いのが特徴です。主な国家資格には次のようなものがあります。

「業務独占資格」のある国家資格:弁護士、医師、看護師、税理士、司法書士、弁理士、建築士など

「名称独占資格」のある国家資格:保育士、介護福祉士、栄養士、精神保健福祉士、中小企業診断士など

公的資格

公的資格とは、省庁が認定した審査基準をもとに民間団体や公益法人が実施する試験に合格することで与えられる資格となります。

認定元は管轄の官庁や大臣、日本商工会議所が多く、資格取得の難易度は中程度から高いものまであります。「公的」と名がついていることもあり、知名度や信用度が高い資格も多く実用性があるものが多いようです。

主な公的資格:介護支援専門員(ケアマネジャー)、介護職員初任者研修、簿記検定、秘書検定、登録販売者、カラーコーディネーター検定など

民間資格

民間資格とは、民間団体や企業、学校などが独自のルールを定めて認定する資格のことをいいます。国家資格や公的資格に比べて資格の数が多く、法的な規制がないため社会的なニーズの増加という背景をもとに生まれることもあります。

民間資格は手軽に取得できるような難易度の低いものから、難易度の高いものまで幅広くあるのも特徴のひとつといえます。

TOEIC、アロマテラピー検定、インテリアコーディネーター、ネイリスト技能検定試験、ベンダー資格(MOS等)など

「独立開業しやすい!」おすすめの資格

「独立開業しやすい!」おすすめの資格

ここからは、独立開業しやすいおすすめの資格をご紹介していきます。それぞれの業務内容や、資格取得の難易度など参考にしてみてくださいね。

1.行政書士

  • 資格の種類:国家資格
  • 合格率:6~10%
  • 難易度:中~高
行政書士の業務内容は?

官公庁への許認可申請書類や、相続・遺言などの書類等を作成し行政機関に提出するのが主な仕事で、交通事故調査報告書などの権利義務または事実証明に関する書類作成・提出業務も含まれます。

依頼主は個人から企業まで幅広く、自分の営業努力次第では高収入を得ることも期待できます。

行政書士になるには
  • 毎年1回行われる「行政書士試験」に合格する必要があります
  • 受験資格は特に設けられていないため、誰でも受験することができます
  • 試験科目は2科目となり、一般的に独学もしくはスクールに通って、半年~1年の勉強が必要といわれています

2.社会保険労務士

  • 資格の種類:国家資格
  • 合格率:5~10%程度
  • 難易度:中~高
社会保険労務士の主な業務内容は?

社会保険労務士は、企業で働く「人」の労働環境を整える仕事を請け負うことができ、主に独占業務である1号業務と2号業務、独占業務ではない3号業務があります。独立するうえで独占業務があるのは大きな強みといえます。企業と顧問契約を結ぶなど、やり方次第で独立後の仕事の可能性は広がります。

  • 1号業務:労働社会保険諸法令に基づく申請書類の作成、提出に関する手続き代行、事務代理
  • 2号業務:労働社会保険諸法令に基づく帳簿書類等(就業規則・労働者名簿・賃金台帳など)の作成
  • 3号業務:会社の人事・労務管理上の相談業務などコンサルティング業務
社会保険労務士になるには
  • 毎年1回行われる「社会保険労務士試験」に合格する必要があります
  • 受験資格は、「学歴」「実務経験」「厚生労働大臣の認めた国家試験合格」のいずれかを満たす必要があります
  • 試験科目は8科目で、合格には最低で800~1,000時間の勉強が必要といわれています

3.司法書士

  • 資格の種類:国家資格
  • 合格率:3~4%
  • 難易度:高
司法書士の主な業務内容は?

会社の設立や土地の購入の際に必要となる法人登記や不動産登記の登録手続き、裁判所・法務局に提出する書類作成を行います。「登記に関する業務」は司法書士の独占業務となっています。また司法書士法の改正後、簡易裁判所での訴訟代理も可能となり仕事の幅が広がっています。

司法書士になるには
  • 毎年1回行われる「司法書士試験(筆記試験・口述試験)」に合格する必要があります
  • 受験資格は特に設けられていないため、年齢・性別・学歴等に関係なく誰でも受験することができます
  • 合格率3%と試験の難易度は高く、相応な勉強時間が必要となります

4.保育士

  • 資格の種類:国家資格
  • 合格率:10~20%
  • 難易度:中
保育士の主な業務内容は?

保育士は、「子どもの保育」と「保護者に対して保育に関する指導」を行うことができます。就業場所は保育園以外にも児童養護施設や放課後等デイサービスなど、さまざまな福祉施設で可能となります。

また、最近ではベビーシッターに登録して自分の好きな時間に仕事をするなど多様な働き方ができるようになっています。保育士の資格があれば、将来的に独立して保育園を経営することもできますので、自分の能力次第でいかようにも使える資格といえます。

保育士になるには
  • 養成校(専門学校、短大、大学)を卒業することで保育士資格を取得できます
  • 養成校を卒業する以外にも、年に2回行われる保育士試験(筆記、実技)に合格することで保育資格を取得できます
  • 合格率3%保育士試験を受験する場合、筆記試験は7科目あり、筆記試験に全科目合格した後に実技試験が行われます(3分野から2分野を選択)

自分が「やりたい仕事」を考えることが大切

自分が「やりたい仕事」を考えることが大切

さまざまな資格のなかから、実際にどの資格取得に向け取り組めば良いのか悩む人も多いと思います。

大切なのは「独立するために」資格取得を目指す前に、「自分が何を仕事としてやっていきたいのか」を考えることです。やりたくないことであれば、資格の勉強自体が苦痛になってしまい、資格取得までに時間だけがかかってしまうことも考えられます。また、仮に資格取得ができたとしても仕事に対するモチベーションが上がらず、事業が成り立たなくなってしまうかもしれません。まずは、自分が仕事としてやっていきたいことをしっかり考えてみましょう。

たとえば、法律系の仕事をしていきたいということであれば「司法書士」や「行政書士」、人事や労務系の仕事であれば「社会保険労務士」、子どもと関わる仕事であれば「保育士」というように自分の目指す方向性を決めることが大切です。

ただ、独立開業を目指すような資格取得は現実的に簡単なものではありません。資格取得には、ある程度のお金と時間、労力が必要です。学生や独身で、あり余る時間と余裕があれば良いですが、今現在「家族を養っている」という場合は、なかなか資格取得のためのお金や時間をかけられないという人も多いのではないでしょうか。

  • 資格取得にお金と時間をかける余裕がない
  • それでも独立・開業をしたい
  • 合格率3%子どもと接する仕事をしていきたい

上記3つの条件にあてはまる人におすすめなのが、「フランチャイズで塾経営」という選択肢です。

資格がなくても「独立開業」が叶う、フランチャイズ塾経営とは

子どもと関わる仕事で「独立開業」を目指したい人へ、保育士や教師などの資格がなくても可能なのが「フランチャイズで塾経営」です。

フランチャイズで塾経営することのやりがい

  • 小学生や中学生の子どもたちの勉強をサポートできる
  • 子どもたちの成績の伸びなど「成長」を肌で感じることができる
  • 子どもたちへのサポートを通して親御さんからの信頼を得られる

フランチャイズで塾経営をするのに、資格を取得しなくて良いからといって、何も勉強しなくて良いというわけではありません。生徒の集客や学習システムの習得、教育業界の知識についての情報収集など学ばなければならないことはたくさんあります。ただ、資格取得と違って、より実践的で独立開業しながら同時進行で進められるのが大きなポイントです。

「今から資格取得の勉強をするのは厳しい」が、「教育系の仕事で独立開業をしたい」と考えている人はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。フランチャイズならではの手厚いサポート体制も整っているので、初めての独立開業でも安心してチャレンジできそうです。